これから上がりそうな仮想通貨はどれ?2018年2月

 

それはイーサリアムです。イーサリアムは、実を伴った価値を持つ、期待の仮想通貨です。イーサリアムは、今でも高い評価を得ています。

しかし、今後まだまだ価値を伸ばしていくだけのポテンシャルがイーサリアムにはあります。

イーサリアムの特徴

イーサリアムはビットコインと同じ仮想通貨ですが、目指すところは異なります。イーサリアムは、正確にはプラットフォームの名称になります。通貨自体はイーサと呼ばれます。

基本情報

・通貨単位 ETH(イーサ)

・通貨発行形式 マイニング

・承認 Pow

・発行上限 なし

・時価総額 2位

 

契約を変えるスマートコントラクト

イーサリアムの特徴は、スマートコントラクトという機能にあります。スマートコントラクトがどのような機能をもつかというと、契約の自動化です。

イーサリアムのブロックチェーン上には、契約を書き込むことができるのです。

その結果、何が起きるのかというと、信頼を必要としない、相手との直接取引が可能になります。

ここで、ブロックチェーンの特性を思い出しましょう。「改ざんされず、失われることがない」それがブロックチェーンです。

ブロックチェーンに刻まれた契約は、改ざんできず、失われることもありません。

契約内容が明確であれば、詐欺の余地がなくなります。相手を信用する必要がなくなるのです。

その結果、誰とでも簡単に契約を結べるようになります。今までは面倒な手続きが必要だった不動産売買、土地登記などもすぐにおこなえるようになります。

不動産売買には、仲介してくれる業者が必要でした。大金が動くため、信用が大切で、慎重に契約を進めなければいけないからです。

信用を維持してくれる業者には、当然報酬が必要になります。仲介があるため、契約の成立には時間もかかりました。

スマートコントラクトなら、信用はブロックチェーンが受け持ってくれます。契約の自動化もできます。

Aが代金を支払えば、Bは不動産の所有権を譲渡する、というルールを書き込んでおけば自動化ができます。

仲介がなくなれば、買いたい人と売りたい人の直接取引になるため、手数料も時間もかかりません。手数料と時間を大幅に節約できるようになります。

この意義は大きなものがあります。スマートコントラクトは、世界から仲介という職業をなくしてしまう可能性さえ秘めています。

イーサリアムが上がると思う3つの根拠

イーサリアムが価値を上昇させると思う根拠は、スマートコントラクトの他にも以下の3点があります。

・イーサリアムはプラットフォームである

・実用化に向けて進んでいる

・EEAの存在

イーサリアムは、分散型アプリケーションのプラットフォームです。イーサリアムのブロックチェーンは柔軟性が高く、さまざまなアプリケーションの作成が可能になっています。

誰でも作成できるので、イーサリアムのブロックチェーン上で動くアプリはどんどん研究されています。イーサリアムはアプリの1つではなく、アプリの元なのです。

ゲームに例えると、アプリがソフトで、本体がイーサリアムです。このソフトはどんどん開発がすすんでいます。そのうちのいくつかは、大きく売れることでしょう。そうなると、本体であるイーサリアムも売れるようになります。

そして、このアプリを動かすのにイーサが必要になります。イーサリアム自体の価値も上昇が見込め、イーサの需要の増加まで見込めます。

仮想通貨を調べていると、そのプロダクトのすばらしさ、世界を変えるような案に魅了されます。しかし、冷静にその動向を追ってみると、目的は立派だけど何も始まらない、進まない、そういうコインが少なくありません。

今のところ、実用化までいける仮想通貨は非常に少ないのです。そして、それにもかかわらず、価値を大きく上げる仮想通貨も多いのです。

しかし、そんなものが長く続くわけがありません。結局のところ、残るのは本当に価値のあるものだけです。イーサリアムには価値があり、開発も進んでいます。ここが非常に重要です。

イーサリアムも、実用化にかんしてはまだまだです。だからこそ、今後実用化が進んでいけば、価値はまだまだ上昇していきます。

イーサリアムの価値は大企業も認めています。EEA(Enterprise Ethereum Alliance イーサリアムの活用を企業レベルで推進するプロジェクト)にはマイクロソフト、トヨタなど世界中の大企業が参加しています。

なかでも印象的なのが、JPモルガンが参加していることです。一時は「ビットコインは詐欺」とまでいっていた企業が参加しているのです。

イーサリアムが注目される要因の一つにICOもあります。プラットフォームの柔軟性から、イーサリアムを使ったICOは積極的に行われています。

このICOはたいていイーサを使っての募集になるので、この点でもイーサの価値が上がります。

イーサリアムの買い方

イーサリアムは主要通貨なため、ほとんどの取引所が扱っています。そのため、購入も簡単に行えます。手数料の安さなら、ビットバンク、zaifがおすすめです。

イーサリアムの利点の一つにイーサ建てで取引できる、というものもあります。日本円の使えない海外取引所だと、仮想通貨を送って取引することになります。イーサがそれに使えるので、持っておくと取引の幅も広がります

まとめ

イーサリアムは現状でも高い評価を得ています。時価総額は2位で、1イーサの価格も高目です。そのため、もう上がらないのでは、と思ってしまうかもしれません。

ですが、ここまで見てきたように、イーサリアムにはたしかな価値があります。

ビットコインも6万、13万と超えたとき、もう上がらないという声がありました。

しかし、現実はどうでしょう? ビットコインの価格は上昇を続け一時は200万を超えました。

本当に価値あるものは評価され、価値がつきます。イーサリアムも、そうなっていくしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です