仮想通貨の今後はどうなる?投資しても大丈夫?

 

仮想通貨は今後も伸びていく市場です。投資する価値のあるものです。しかし、大きすぎる値動きや規制のニュース、ハッキングのニュースなどを見ると不安になるかたもいるかと思います。

仮想通貨の将来性、問題点を確認し、本当に投資する価値があるものなのかを解説していきます。

仮想通貨は今後どうなる?

未来がどうなるかを確実に予言することは、誰にもできません。特に、短期的に仮想通貨に何が起こるかなど、わかるわけがありません。明日、なにかの事故で市場が暴落するかも、というようなことは誰にもわからないのです。

しかし、長期的な予想は可能です。そして、長期的にみれば、仮想通貨の未来は明るいものです。そう思う根拠は以下の2点です。

・実需に期待できるようになる
・市場の拡大

仮想通貨の実用化への期待

仮想通貨はこれだけ話題になっているにもかかわらず、まだ実際の使用はほとんどありません。この点が、価値がない実体がないという批判につながっています。

しかし、開発、研究は着々と進んでいます。2018年は、これが実需へと結びつくことが期待されています。需要が上がれば価値も上がります。そして、実際につかわれるようになれば、仮想通貨を意味ないものとすることはできなくなるでしょう。

仮想通貨は、ただの電子のお金というわけではありません。投機の対象になるだけのものでもありません。

仮想通貨は世界中の誰でも使える、国境をまたいで使えるものです。日本円はアメリカではつかえません。ドルに両替する必要があります。これには手間もかかるし、手数料もとられます。

しかし、仮想通貨が使用できるようになれば、これが無くなるのです。誰でも気軽に使える世界共通のお金、それが仮想通貨です。

この利点をもっとも受けることができるのは、政情の安定しない国の人たちです。インフレで自国通貨が信用を失うと、買い物をするのも難しくなります。お金の額面ではなく、重量で価値を計るようになります。こういう人たちにとって、政府の発行しない仮想通貨は大きな価値をもちます。

もう一つ、スマートコントラクトという機能を持つ、イーサリアムという仮想通貨があります。このスマートコントラクトを使えば、契約を自動化できるようになります。契約の自動化といってもわかりにくいかと思います。簡単に言うと、信用を仮想通貨が確保してくれるようになります。

今までは、不動産売買、土地の登記などで信用を保証してくれる人に手数料を払ってきました。しかし、信用を仮想通貨が保証してくれれば、この仲介をなくすことができます。今まで払っていた手数料がなくなり、即時の契約も可能になります。実用化されれば多くの仲介業が無くなってしまうようなインパクトのあるものです。

仮想通貨は、世界を変えるものです。今は投機に目が行き過ぎていますが、本質的な価値はここにあります。長期的にみれば、どこまで価値がつくかわからないような可能性があるのです。

仮想通貨市場は拡大を続けている事実

仮想通貨が話題になるようになったのは2017年からです。昨年だけでも、市場は大きく広がりました。しかし、それでもまだまだ仮想通貨市場は始まったばかりです。

2018年初頭、取引所に新規の口座開設依頼が殺到し、対応できずに受付を一旦停止する、ということがありました。今は少し落ち着いてきましたが、仮想通貨市場へ参加したいという人はまだたくさんいるのです。

日本でも、仮想通貨やビットコインの認知度は高まってきましたが、実際に保有している人は数%にすぎない、という調査結果も出ています。

機関投資家の参加、あたらしく参加してくる個人投資家に不足はありません。今後も市場自体が拡大していくでしょう。

仮想通貨も問題点にも目を向けてみます。

・政府による規制
・安全性への疑問

規制でどうなる?

2018年に入り、仮想通貨に規制の話がでるようなってきました。政府による規制が仮想通貨市場に与える影響は、非常に大きなものがあります。2017年も、中国による仮想通貨への規制が発表された直後に、ビットコインの価格が30%近く暴落しています。2018年に入ってからも、韓国の規制の話で市場は大きく冷え込みました。

このように、規制による不安はありますが、悪いことばかりではありません。ICOのように明らかに規制が必要なものもあるのです。規制そのものが悪というわけではありません。

規制で明確なガイドラインがつくられ、投資家保護がおこなわれるようになれば、安心して市場に参加できるようになります。そうなれば、市場はより拡大していくでしょう。

規制がどのような形になるかは、まだわかりません。しかし、全面的に禁止、というようなことにはならないでしょう。前述したように、仮想通貨は捨てるには惜しすぎるものなのです。

規制は短期的な波乱要因、一時的な暴落にはつながっても、長期的にみれば影響はのこりません。現に、2017年に中国による取引禁止という厳しい措置があったにもかかわらず、仮想通貨は上昇を続けました。

リスクにそなえる

仮想通貨には特有のリスクがあります。手に入れた仮想通貨をどう保管をどうするのか、これが問題になります。つい先日、日本の取引所の中でも大手の1つであるコインチェックがハッキング被害にあい、500億円を超える損失を出しました。これをみて、やはり仮想通貨は危ない、そう思った人もいるかと思います。

この点は、どこにリスクがあったのかをしっかりと認識しておく必要があります。たしかに、仮想通貨はハッキング被害にあいます。そして、その大半は取引所が狙われるのです。

考えてみると、当たり前の話です。取引所には多額の仮想通貨が集まっているのです。狙われて当然です。取引所側もこのリスクは理解し、対策は取っています。にも関わらず、被害は後を絶ちません。

だから仮想通貨が駄目だ、ということにはなりません。この問題には自分で対処できます。

・仮想通貨はウォレットに移し、自分で管理する
・取引所は複数開設し、資産を集中しすぎない

など自分にとれる対策はしっかりとっておく必要があります。今回のコインチェックでも、自分でネムをウォレットに入れておけば、被害は免れました。仮想通貨は自分で管理する、というのが重要です。

仮想通貨に投資しても大丈夫?

仮想通貨市場は長期的にみれば明るい、という話をしました。しかし、適当に投資していいかといわれれば、それは違います。仮想通貨は1,000種類以上あるのです。その全てが今後も伸びていく、などということはありえません。

ただ買えばいい、そういう考えでいると失敗するでしょう。安易な考えでいると、詐欺にあう可能性もあります。

投資をするなら最低限の知識は必要です。

・余剰資金でおこなう
・現物売買をおこなう、信用取引に手を出さない

仮想通貨への投資は、なくなってもいいくらいの余剰資金でやろう

投資である以上、リスクはあります。リスクのない投資など存在しません。投資は余剰資金で、これは絶対です。過剰に資金を投入するのは生活にも悪影響がでます。仮想通貨は動きの激しい市場です。

その値動きに一喜一憂していたら、精神的に疲弊してしまいます。最悪の場合、無くなってもかまわない、そう思える資金を投入すべきです。長い目で見て資金が増えればいい、そういう気持ちになれる額を、投資に回すことが大切です。

仮想通貨は大きな動きのある市場です。余剰資金でも十分大きなリターンが見込めます。ここが、仮想通貨に投資する魅了です。

現物売買をおこなう

仮想通貨は大きく伸びる業界です。昨年、億り人が何人も出たというのが話題になりました。仮想通貨が大きく動く市場だったから、可能だったことです。無理な投資をしなくてもチャンスがあるのです。

レバレッジをかけ、自己資金の何倍ものリスクをとって取引するのが信用取引です。利益を何倍にもすることができますが、損失も同じです。

ただでさえ動きの激しい仮想通貨で信用取引などしていたら、自己資金以上の負けを出してしまします。素人が手を出すようなものではありません。

余剰資金で行う、現物売買を行う、この2点をまもっておけば、借金をする、破産するなどということはありません。

まとめ

長期的にみれば、仮想通貨は間違いなく世界に受け入れられていくでしょう。必要とする人がいて、便利で、得になるものだからです。仮想通貨の今後は明るいのです。

仮想通貨は投資する価値のあるものです。しかし、ただ買えばいい、何でもいいというわけではありません。

投資をする以上、リスクを理解し、余剰資金で行う。これが大切です。無理に資金を準備する必要はありません。貯金の一部を仮想通貨にかえてみる、これぐらいでいいのです。

仮想通貨は、今後より発展していくでしょう。長期目線で余剰資金を投資していくのが、一番良い方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です