将来性のある仮想通貨はどれ?→オーガを選ぶ理由

 

高い将来性を誇る仮想通貨といえば「オーガー」です。

予測市場という注目を集める分野での使用が見込まれ、ギャンブル、保険という人の心にささる業界での実用化が期待されています。

人々の関心とお金が集まるところで活躍が見込まれる、オーガーの将来性を解説します。

オーガーの特徴

・通貨単位 REP
・最大発行数 11,000,000
・新規発行形式 すべて発行済み
・取り扱い取引所 コインチェック

オーガー(Augur)はイーサリアムのスマートコントラクトプロジェクトの一つで、予測市場での活用を目的に開発されました。

予測市場とは

予測市場とは、群衆の知恵を生かすシステムのことです。多数の人の予測は一人の専門家の予測に勝る、という前提から予測市場は生まれました。

ある商社が、市場での売れ行きを探るために

・AとBという商品のどちらが市場で売れるか
・多様な人々に予測してもらう
・正しい予想できた人に報酬が与えられる

これが、簡単な予測市場の概要です。

この予測市場の有効性は、選挙や商品の売れ行きなど多方面で立証されています。オーガーはこれをブロックチェーン上で行うのを目的としています。

ブロックチェーン上で行うと、仲介者を排したより公平で、素早い市場予測が可能になります。

・紅白歌合戦で白組が勝つか、紅組が勝つか
・多様な人々に予測をしてもらう(インターネット上で行うので、集めるのが容易)
・参加者はどちらか予想し、かけ金を仮想通貨で支払う
・結果の判定 レポーターが行う

・結果 白の勝ち
・白の勝ちを予想した人はかけ金から払い戻しを得る。赤と予想した人はかけ金を失う
・正しい判定をしたレポーターは報酬がもらえる

かけ金は損得につながるため、ある程度その問題に関心のある人が参加するようにする、というのと、正解したら報酬が手に入る、ということから参加者の真剣さを引き出すことにつながります。

レポーターによる分散型事実認定

結果の判定という点に、少し説明が必要かと思います。結果の判定を行う人を、レポーターと呼びます。レポーターは、オーガー所有者から複数人が選ばれます。そして、判定を行う前に、レポーターはREPで保証金を支払います。

結果がでると、レポーターは判定をおこないます。上の例の場合、結果が明白ですが、いたずらで赤と予想する人がいるかもしれません。その場合、保証金が没収されます。正しい判定をすることで、報酬を得られ、間違った判定をすると、損をします。

保証金はREPで支払うため、保有者はオーガーのシステムが健全に発展することが、なによりも利益になるようになっています。

このシステムによって、不正を防ぎ、正しい判定が行われるようにします。これを分散型事実認定と呼びます。

オーガーの将来性

・公正で手数料のないギャンブルができる
・リスクヘッジに使える
・希少性が高い

ギャンブル市場

上の例からわかるように、予測市場はギャンブルに非常に近いものがあります。オーガーを使えば誰でも簡単に、わずかな手数料を支払うだけで、ギャンブルの主催者になることができます。

人間は賭け事が大好きです。日本にも、パチンコ、競馬、競輪があり、世界的にもカジノやブックメーカーが大人気です。そのギャンブルが簡単に、公平に行えるようになるのです。

賭け事をするには、信用が不可欠です。騙されるかも、損をするかも、という疑いがあると賭け事への参加は難しくなります。しかし、ブロックチェーンを使えば、この心配がなくなります。

オーガーでギャンブルを行えば、胴元はなくなります。主催者はいますが、彼が掛け金を預かるわけではありません。ルールは明確になり、不正を排除します。信用はブロックチェーンが担ってくれます。不正はレポーターが分散型事実認定で防いでくれます。公平なギャンブルが可能になるのです。

カジノは莫大な資金をかけ、運営されています。客側に、たまに大きく勝つ人がいたとしても、トータルではカジノ側に儲けが出るようになっています。運営費を含むカジノの利益は、参加者が支払うことになります。

ですが、オーガーを使い、運営のための費用がなくなれば、その分が参加者に還元されます。

ギャンブル業界は莫大な資金が流れ込むところです。公平で、儲かる可能性の高いギャンブル、それをオーガーが実現すれば大きな資金が流れ込むことになるでしょう。そうなれば、オーガーの価値は上昇します。

リスクヘッジ

オーガーの活用にはもう一点、重要なところがあります。それは、リスクヘッジです。保険といいかえると、わかりやすいでしょう。

農家で考えてみましょう。作物を育てるために、天候は大切です。今年は雨が少なくなるのでは、と不安を感じる農家がありました。そこで、オーガーを利用することにしました。

・ 対象 今年は雨が少なくなる
・ 予想する人 掛け金を支払い自分も参加、雨は少ないと予想
・ 結果 雨が少なかった

雨が少なかったことで、農作物は不調でした。しかし、予想が当たったことで配当金をえることができました。それのおかげで、トータルでの収益は満足いくものになりました。

もし、雨が多く降れば? 掛け金は失われますが、農作物で収入が得られます。結果がどちらになったとしても、農家は満足のいく収入を得ることができます。

このようにオーガーを使えば、もしもの時に備え、保険をかけておくことができます。リスクを怖れるのは、皆同じです。人は皆、心に安心を求めています。保険という産業に参加できるメリットは、非常に大きなものがあるのです。

オーガーは希少性が高い

オーガーは発行数が1,100万と少なめです。しかも、現時点で全てが発行済みです。今後新規の発行が行われないのを考えると、希少性は非常に高いといえます。価値が上がるのを、流通の増加で相殺されることがありません。

オーガが購入できる取引所

オーガーは、日本の取引所ではコインチェックで取り扱いがあります。簡単に取引できるのですが、一つ注意したいことがあります。

オーガーは略号がREPです。人気の仮想通貨、リップルがXRPです。よく、リップルと間違えてオーガーを買った、という笑い話? が聞かれます。オーガーを買う側から見ると間違えることはなさそうですが、一応注意しましょう。

まとめ

オーガーはまだ時価総額が低いです。注目度も低めですが、高い将来性を持ちます。特に、その特徴がギャンブル、保険という資金の集まるところにマッチするというのが期待を大きくさせます。

人の心に響く分野での活用が見込まれるオーガーの将来性は、非常に高いといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です