フリーターから正社員になれるものなの?年齢別でわかる難しさ

 

フリーターから正社員を目指す際、多くの方が気になる項目の一つとして意識するのはやはり年齢でしょう。事実、年齢によって正社員を目指す為のハードルは大きく変ってきます。そこで、今回は企業の考え方をベースに、フリーターが正社員になる際のポイントの一つである年齢についてお教えします。

 

企業から見る若手の境界線

 

まず、企業が年齢について最も意識するのはやはり若手採用です。では、今の若手の境界線とは一体どこなのでしょうか?

 

業界、職種にもよりますが、近年の若手採用において、ボーダーとなっている年齢は多くの企業が35歳としています。ちなみにこの35歳というボーダーですが、数年前までは30歳と見ていた企業が多く、高齢化が進んでいる現在、数年後には40歳となる可能性が高いと言われています。

 

では、なぜ企業は若手を募集するのか。
それは企業がこの先も存続する為に将来の幹部候補となる人材を育てる為です。多くの企業が現時点だけを見れば、新たに人を入れなくても、経営していく事が可能です。しかし、5年後、10年後となるとそうはいきません。人は絶対に年老いてしまい、いつかは退職を迎えるので、企業を存続させる為には若手の採用は必要不可欠なのです。

 

その為、若手採用でスキルが求められる事はほとんどありません。基礎的なパソコンスキルや、社会人マナーなど、誰にでも出来る事がほとんどです。また、企業が若手募集を行う際には年齢制限をかける事ができますが、法律(例外自由3号のイ)でその際には職務経験について問う事が出来ないと決められています。

 

企業の若手募集というのはフリーターにとって非常に大きなチャンスの一つです。若手採用を行う企業の多くは年齢を最も重要視しており、経験や能力よりも人柄ややる気を選考のポイントとしているからです。
その為、今多くの企業が若手のボーダーとしている35歳という数字は非常に大きな意味を持ちます。しかし、35歳以上でフリーターである場合には正社員となるチャンスはかなり少なくなってくるでしょう。

 

業界から理解する募集の年齢相場

 

現在の多くの企業が若手採用のボーダーを35歳に設定しています。
しかし、そうではない業界もいくつか存在します。

 

例えば、不動産業界の営業では若手営業の採用を30歳までとしている企業を多く見かけますし、建築現場の募集でも若手となると30歳をおおよそのボーダーとしている企業は良くあります。
不動産・建築業界では年齢を他業界と比べて低く見ている企業が多くなっていますが、その分、学歴・経験については不問としている企業が多く、全くの未経験者をゼロから育てたいという考えを持っています。その為、フリーターだから書類選考で落とされるという事は少ない傾向にあります。
特に建築業界の現場で働く人材の不足は深刻で、若手の育成については個々の企業ではなく、業界全体の大きな課題です。その為、多くの企業は30歳をボーダーにしているものの、人が集まらないという都合から、40歳までそのボーダーを上げている企業もあります。

 

そして、同じように若手不足が顕著な業界が製造業界です。
製造業界は2008年のリーマンショックの影響からここ数年まで、若手の採用をストップしていた企業が多く、後継者となるべき未来の中心人物の存在が圧倒的に不足しています。その為、未経験者の育成は急務であり、若ければ若い程良いという企業もあれば、40歳くらいまでをターゲットにしている企業も多数存在します。

 

その他、少し特殊ではありますが、運送業界も人手が足りていません。この業界も未経験者を歓迎している企業が多いのですが、募集の多くに中型サイズ以上のトラックを運転できる免許が必須となっています。その為、若手が欲しいとは言うものの、2007年6月1日以前に普通免許を取得している方を対象としている企業が最も多くなっています。
ただし、2017年3月12日から取得出来るようになった準中型免許であれば、4tトラックにも乗車する事が出来るため、今後は更なる若手の獲得を目指すだろう業界です。

 

年齢から実感する企業の労働条件

 

様々な企業が事業継承の為に、若手の採用を必ず行います。しかし、そのボーダーは多くが35歳。高く設定している所でも40歳までとしているのが現状です。では、それ以上の年齢の方が正社員での雇用が不可能なのかというと実際はそうではありません。
例えば、警備員のような職種であれば、年齢が高い方でも正社員として雇用して貰える企業はあります。しかし、その場合、いきなり正社員という訳ではなく、契約社員という雇用形態を間に踏まえてのパターンが多くなるでしょうし、人によっては契約社員のままという事も十分にあり得ます。

 

年齢が上がれば上がる程、未経験である事はデメリットとなり、正社員で新たに働く事は難しくなります。また、正社員になれたとしても、夜間勤務がメインだったり、年間休日が少ない環境の職場でしか採用されない等、労働条件が厳しくなる可能性が非常に高くなります。もちろん、そうなった場合の給与はどうしても少なくなる事も多くなりますし、これまでの収入が少ない分、年金の受給額も少なくなるという大きなデメリットも存在します。

 

フリーターが正社員になるのは年齢が高くなればなるほど難しくなりますし、職業選択の幅も狭まってしまい、福利厚生も厳しくなってしまいます。早々に正社員としての就職先を決めてしまう方が自分の身を助けるのは間違いないでしょう。

関連ページ

フリーターから正社員になるのが不安!みんなが怯える3大リスク
元フリーターが、東京で正社員として就職するのにおススメな「就職支援サイト」を紹介しています。これから正社員を目指すフリーターや既卒、第二新卒、ニートの方におススメです。
フリーターから正社員って無理じゃない?実際どうなの?
元フリーターが、東京で正社員として就職するのにおススメな「就職支援サイト」を紹介しています。これから正社員を目指すフリーターや既卒、第二新卒、ニートの方におススメです。
フリーターから正社員になりたけど、相応しい時期ってある?
元フリーターが、東京で正社員として就職するのにおススメな「就職支援サイト」を紹介しています。これから正社員を目指すフリーターや既卒、第二新卒、ニートの方におススメです。
フリーターから正社員に就職することができた!
元フリーターが、東京で正社員として就職するのにおススメな「就職支援サイト」を紹介しています。これから正社員を目指すフリーターや既卒、第二新卒、ニートの方におススメです。