zaifの口座開設のやり方をわかりやすく解説!【画像あり】

 

zaifの口座開設をスマホで行う方法を、画像を使って解説していきます。

zaifは取引手数料が安く、独自の取り扱いトークンが多数ある取引所です。仮想通貨の購入を積み立てでおこなえるサービスもおこなっており、zaifには、ここにしかない魅力がたくさんあります。

zaifでは口座開設費、維持費ともに無料で、登録もスマートフォン一つで簡単におこなえます。

 

準備するもの

以下のものを準備しておくと、登録をスムーズに行えます。

  • スマートフォン(SMS認証が可能なもの
  • メールアドレス
  • 本人確認書類

本人確認書類に使えるもの

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 日本のパスポート
  • ビザ
  • 健康保険証
  • 住民票

上記のなから1点選び、準備しておきます。

メールアドレスは取引所専用を用意しておくと、管理が楽になります。

ユーザー登録

zaifの公式ホームページにアクセスします。

 

 

メールアドレスを入力し、無料登録をクリックすると、下のポップアップ画面が開きます。

 

 

この画面は数パターンあり、何回か続く場合もあります。やり方は全て同じで、該当するものにチェックを入れ、確認をクリックします。確認が終了すると、メールを送信したという確認画面に切り替わり、メールが届きます。

 

 

メールを開き、中のリンクします。

 

 

利用規約の同意、重要事項の確認をクリックし、確認します。この2点をクリックしておかないと、チェックが入れられません。

パスワードは強度が50%を超えないと設定できません。強度の高いものを設定しましょう。

パスワードを設定し、2段目のパスワードの確認まで入力したら、同意して登録をクリックします。これで、ユーザー登録は完了です。

 

基本情報の登録

ユーザー画面に映ったら、基本情報の登録を行います。

 

 

ログイン画面上部の基本情報が登録されていませんをクリック。

 

 

青枠内は記入済みになっています。法人の方、在住国が日本でない方のみ変更が必要です。

氏名は姓と名の間にスペースを入れます。下段の氏名はカタカナで入力です。

 

 

都道府県は郵便番号を入力すると、途中まで自動入力されます。1丁目などは自分で入力します。

番地の囲み内には、マンション在住の方は建物名、部屋番号まで入力する必要があります。

 

 

青枠の使用言語はデフォルトが日本語になっています。

全て記入し終わったら、変更をクリックで登録は完了です。

 

本人確認書類のアップロード

次は、本人確認書類のアップロードを行います。

 

 

ページ上部の本人確認が完了していませんをクリック。

 

 

書類を選択し、下へスクロールします。

 

 

ファイルを選択でカメラの起動、ドキュメントの選択が可能になります。文字がしっかりと見える画像を選択したら、ファイルをアップロードをクリックします。裏面も同様のやり方で、アップロードします。

記載がなくても、裏面が必須になります。

 

 

裏面のアップロードまで終わったら、下へスクロールし、忘れずに本人確認の申請をするをクリックします。これをやらないと本人確認が行われません。

 

電話番号認証

電話番号の認証を行います。

 

 

電話番号認証をクリックします。

 

 

基本情報の登録で携帯電話番号を入力していた場合、デフォルトで入力済みになっています。

送信をクリックすると、ページが移動します。電話番号認証コードはこちら、と書かれ部分をクリックします。

 

 

スマホにSMSが届くので、それに記載された6桁の数字を入力します。登録をクリックで、電話番号認証が完了です。

本人確認コードの入力

本人確認書類が承認されると、zaifから郵便物が発送されます。その郵便物に本人確認コードが記載されています。最後に本人確認コードを入力するため、zaifにログインします。

 

 

郵送による本人確認をクリックします。そこで本人確認コードを入力し、口座開設が完了となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です