GMOコインの口座開設のやり方をわかりやすく解説!【画像あり】

 

GMOコインの口座開設をスマホで行う方法を、画像付きで解説します。

GMOコインは、各種入手金手数料が無料で、使いやすいツールを備えた取引所です。仮想通貨の現物取引は全て販売所形式になっているため、初心者でも簡単に取引することができます。

スマホ専用アプリのビットレ君も使いやすく、スマホだけで満足のいく取引ができるます。

口座開設費、維持費は無料で、本人確認書類の提出もアップロードか対面提示を選んでおこなえるため、スマホだけで簡単にすぐに登録することができます。

準備するもの

以下のものを準備しておくと、登録はよりスムーズに行うことができます。

  • スマホ
  • メールアドレス
  • 本人確認書類

本人確認書類に使えるもの

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート(日本が発行したもの)
  • 在留カード
  • 特別永住証明書
  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し

GMOコインでは、本人確認書類の提出をアップロードと対面確認の2つから選んで行うことができます。対面確認を選ぶと、アップロードの必要がないため、登録はすぐに終わります。

しかし、後から、郵便物を自分で受け取り、本人確認書類を配達業者に確認してもらうことになります。

どちらが楽かは人によるかと思いますが、対面確認の場合、各種健康保険証と住民票の写しは使えません。対面確認の場合は他のものが提示できるようにしておきましょう。

 

アカウント作成

GMOコインの公式ページにアクセスします。

 

 

ページ上部の無料口座開設をクリックすると、メールアドレスの入力画面へ進みます。

 

 

ロボットではありませんにチェックを入れると、ポップアップ画面が開きます。

 

 

アパートや道路標識といったパターンもありますが、該当するものにチェックをいれ、確認をクリックというのは同じです。

 

ロボットではありませんにチェックを入れ、無料口座開設をクリックしたら、GMOコインからメールが送られてきます。

 

 

メールを開き、リンクをクリックします。

 

 

パスワードの設定を行います。パスワードの確認まで入力したら、設定するをクリックで次へ。

パスワードの設定完了画面になるので、そのまま、ログインしますをクリックで次へ。

 

 

メールアドレス、設定したパスワードを入力し、ログインをクリックします。

 

本人情報の登録

ログインすると下のポップアップがでます。口座を開設するをクリック。

 

 

個人情報の登録がをはじまります。

 

 

生年月日は数字のみでの入力です。2018年2月2日なら、20180202のようになります。

 

 

番地はハイフンを使用せず、1番地1号のように記入します。

青字の建物名と部屋番号は集合住宅にチェックを入れた人のみ記入になります。

 

 

電話番号は携帯電話以外でもかまいませんが、2段階認証のことを考えると、携帯電話が望ましいです。番号はハイフンなしで入力します。

取引を行う目的で、その他にチェックを入れた人のみ、取引目的の記入が必要になります。

 

 

規約へ同意し、最後に確認画面へをクリック。

登録確認画面に移るので、登録に誤りが無ければ、確定をクリックし、本人情報の登録は終了です。続けて本人確認書類の提出を行います。

 

本人確認書類の提出

GMOコインでは、本に確認の方法を、書類のアップロードと郵便物受け取り時の対面提示から選択することができます。

 

 

画像のアップロードで提出する人は1をクリック、対面受け取りを希望する人は2をクリックします。対面受けとりを選択すると、ここで登録は終了になります。

画像のアップロードについて、解説を続けます。1をクリック。

 

 

書類を選択したら、下へスクロールします。

 

 

画像は裏面も必須です。文字がしっかり読み取れるように撮影しましょう。

表面、裏面の画像を選択し終わったら、画像を確定するをクリックします、アップロードに少し時間がかかるので、画面が切り替わるまで待ちます。

 

 

この画面がでたら、本人確認書類のアップロードは完了です。

この後は、GMOコインによる審査になります。審査には少し時間がかかります。審査に通ると、郵便物が発送されます。審査から郵便物の到着まで数日の時間が空くことになりますが、最後に口座開設コードを入力する必要があるので、忘れないようにしましょう。

 

郵便物受け取り、口座開設コードの入力

GMOコインから送られてきた郵便物を受け取ります。本人確認書類を対面確認にしていた場合、この時に書類を確認してもらいます。配達員への提示は各種健康保険証、住民票の写しは使えません。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート(日本が発行したもの)
  • 在留カード
  • 特別永住証明書

上記の中から一つ選んで、準備しておきましょう。

受け取った郵便物には、口座開設コードが記載されています。それをGMOコインのログイン画面で入力します。

 

 

口座開設コードを入力し、口座開設をクリックで、口座開設が完了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です