ビットフライヤーの口座開設の方法をわかりやすく解説!(画像あり)

 

https://bitflyer.jp/

国内最大手であるビットフライヤーの口座開設を、スマートフォンで行う手順を解説していきます。

スマホ一つあれば、全ての手順を実行可能です。本人確認書類のアップロードをカメラ撮影でおこなえるので、PCで行うよりも手間がかからず簡単に、無料で登録できます。

ビットフライヤーは、2018年1月に新たにLISK(リスク)の取り扱いを始めました。その直後からLISKは50%を超える上昇をみせ、あらためてビットフライヤーの影響力の大きさを見せつけました。

ビットフライヤーはビットコインの取引量が群を抜いて多く、ユーザーからの支持も厚い取引所です。もしもの時の返金保証もおこなっており、ぜひとも口座を開設しておきたい取引所です。

ビットフライヤーの登録はこちら>>

準備しておくもの

登録を始める前に以下のものを準備しておくと、作業がスムーズに進められます。

  • スマートフォン
  • メールアドレス
  • 携帯電話番号
  • 本心確認書類

本人確認書類に使えるもの(いずれか1点)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真のあるもの)
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳(平成8年以前に発行されたもの)
  • 各種福祉手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国個的書類

メールアドレスは、取引所専用を作っておくと管理が楽になります。Gメールなら、スマホからでも簡単に作成することができます。

ウォレットクラスの登録

まずはビットフライヤーの公式ページへアクセスします。↓↓

ビットフライヤーの公式ページはこちら>>

そしたらメールアドレスを使って登録を進めていきます。

 

アカウント作成をクリックすると、メールが送られてくるので、それを開きます。

 

 

リンクをクリックするのが一番簡単なので、それを選択。

 

 

メール認証画面に飛びます。リンクをクリックを選択していると、キーワードは既に入力済みになっています。アカウント作成をクリックで次へ。

 

 

利用規約を確認し、チェックを入れて同意、bitflyerをはじめるをクリックします。これでウォレットクラスの作成は完了し、自分のアカウントにログインできるようになります。

しかし、この段階では取引ができないので、そのままトレードクラスへの登録へ進みます。

本人確認

アカウントをトレードクラスにするために、登録を進めていきます。

 

 

ログイン画面下に、アカウント情報があります。1から3までを登録していきます。携帯電話認証は必須ではありませんが、今後のことを考えて登録しておきましょう。まずは、本人情報の登録です。

 

 

各項目を記入していきます。性別の記入は必須ではありません。国の部分は、初期設定が日本になっているので、ほとんどの人は変更不要です。

 

 

住所は、郵便番号からの自動入力が可能なので活用しましょう。町名、番地は自分で入力します。

電話番号は携帯電話番号の方を入力しましょう、後ほど必要になります。

登録情報を確認するをクリックしたら、確認画面へと進みます。間違いがなければ登録を確定し、本人確認書類の提出へ進みます。

 

 

準備しておいた書類を選択します。

 

 

ここでは、例として運転免許証を使用。

 

 

画像は、しっかりと文字が識別できるように撮影します。ご本人確認書類の提出をクリックしたら、本人確認は終了です。

取引目的の確認

 

次は、2の取引目的の確認をおこないます。この項目は該当項目にチェックをいれていくだけです。

 

 

入力するをクリックで完了です。最後に3の携帯電話認証を行います。

SMS認証

 

 

携帯電話認証をクリックすると、smsが送られてきます。それに記載された6桁の番号を確認画面に打ち込み、すべての登録作業が終了です。

あとはビットフライヤーの本人確認書類の承認を待ち、発送される郵便物の受け取りで、口座開設となります。

ビットフライヤーは本人確認書類の承認を手早くおこなってくれます。大抵のばあい、その日のうちに終わります。郵便物の到着は、発送から4,5日ほどかかります。これは遠隔地の場合なので、本州、首都圏在住の方はもっと早く受け取れるはずです。

ビットフライヤーの登録はこちら>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です