DMMの取引所の特徴とは?登録方法などまとめ ※仮想通貨

 

DMMの取引所の紹介をしたいと思います。

DMMBitcoinは、2018年1月に登録受付を開始した取引所です。DMMFXのグループ企業であるため、注目度は高めです。

それにこたえるように、アルトコインのレバレッジ取引が可能、という独自の強みをもって営業を開始しました。

DMMBitcoinのメリット、デメリットを解説し、登録の仕方を紹介していきます。

DMMBitcoinとは

DMMBitcoinはFXで有名なDMMグループの仮想通貨取引所です。

基本情報

・運営会社 株式会社DMMBitcoin
・設立日 2016年11月7日
・資本金 12億9,000万円
・営業時間 24時間365日(メンテナンス時除く)
・スマホアプリあり

セキュリティ対策

 

・日本円 DMMBitcoinと顧客資産は別口座で分別管理
・仮想通貨 DMMBitcoinと顧客の仮想通貨を物理的に分離して管理
・2段階認証あり

メンテナンス時間には注意が必要です。毎週水曜日12:00から18:00がメンテナンスにあてられるため、この時間は取引ができません。

手数料

・口座開設費 無料
・口座維持費 無料

・入金手数料 無料(銀行手数料は自己負担)
・クイック入金手数料 無料
・出金手数料 無料

仮想通貨の入出手数料(入出ともにマイナー手数料は自己負担)

・預け入れ 無料
・引き出し 無料

取引手数料

・現物取引 無料
・レバレッジ取引 無料
・レバレッジ手数料 建て玉金額の0.04%/日(ロールオーバー時に発生)
・スプレッド 変動制

クイック入金手数料0はうれしいところですが、入金は5,000円以上からとなっています。

取り扱い仮想通貨

現物取引

 

ビットコイン、イーサリアム

 

レバレッジ取引

 

ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ

レバレッジ取引

・レバレッジ 5倍
・両建可能
・ロスカット 証拠金維持率80%以下

取引は全て日本円建て、ビットコイン建てで行うことができます。現物でもBTC/ETHの取引が可能で、レバレッジ取引でもETH/JPY、ETH/BTCのペアで取引が可能です。

DMMBitcoinのデメリット

・現物取引できるコインが少ない
・板での取引ができない

この2つのデメリットから、DMMBitcoinは現物取引に関してはあまり向いていません。取り扱いコインはレバレッジ取引がメインなので、現物の売買ができるのはビットコインとイーサリアムのみ、この2点は覚えておきましょう。

DMMBitcoinはサービスを開始したばかりです。取引量の少ない中で、無理な板取り引きを取り入れていないのは、プラスに評価すべきなのかもしれません。

DMMBitcoinのメリット

・アルトコインのレバレッジ取引が可能
・入出金が無料
・使いやすい取引システム

アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMMBitcoinでは、取り扱いコインのすべてでレバレッジ取引が可能です。ビットコインのレバレッジ取引は他の取引所でもできますが、アルトコインのレバレッジ取引はDMMBitcoinでしかできないものが多くあります。DMMBitcoinでは、日本で人気の高いリップル、ネムのレバレッジ取引もできます。

レバレッジは、最大5倍と良心的な設定です。人によっては、このレバレッジを低いと感じるかもしれません。しかし、動きの激しい仮想通貨で20倍や25倍といった高いレバレッジをかけるのは、リスクが高すぎます。

また、そのようなレバレッジでの営業は運営会社にも無理が出ることになります。現状だと、このレバレッジは適正といえるでしょう。今後運営が安定していけば、もう少し高いレバレッジを選択できるようになるかもしれません。

繰り返しになりますが、レバレッジは高ければいいというものではありません。レバレッジ取引の良い点は、売りが可能、現物保有リスクが無い、といった面にもあります。レバレッジ5倍でも、この利点は受けることができるのです。

入出金が無料

クイック入金を利用すれば、入金がタダでできます。DMMBitcoinは多くの金融機関と提携しているため、誰でも簡単にクイック入金を利用できます。

まず少額からレバレッジ取引をためしてみたいという場合に、手数料で原資が減らないのはうれしいところです。出金も無料でできるので、取引で得た利益を引き出すことも、気軽にできます。

使いやすい取引システム

取引システムは優秀です。チャート、注文画面ともに見やすく、短期トレーダーでも満足いく仕上がりになっています。注文方法も豊富で、IFD,IFO,OCOといったFXでもおなじみのものを選択できます。

スマホアプリもあり、こちらも使いやすいものになっています。スマホの画面でもチャートは見やすく、証拠金維持率、マーケット情報が一覧でみられるため、スマホ1つで取引ができるようになっています。

DMMBitcoinの登録するには?

DMMBitcoinの登録の仕方を解説していきます。手数料無料で、3ステップで簡単に登録できます。

登録の流れ

 

1 口座開設の画面でメールアドレスを登録

2 基本情報の登録、本人確認書類の提出

3 郵便物を受け取り後、記載された認証コードをマイページで入力し、完了

[memo title=”MEMO”]
準備するもの

・PC、スマホ(スマホのみでも可)
・メールアドレス
・携帯電話番号(SNS受信が可能なもの)
・本人確認書類
・顔写真付き 運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カード

・顔写真無し 各種保険証、住民票の写し、

年金手帳、印鑑登録証明書、

その他官公庁から発行または発給された書類

[/memo]

DMMの口座開設をわかりやすく画像付きで解説したページがあるので、そちらを参考にしてみて下さい。↓

DMM Bitcoinの口座開設をわかりやすく解説してみた>>

まとめ

DMMBitcoinの特徴は、アルトコインのレバレッジ取引です。アルトコインを売りからは入れるのは、ここだけの魅力になります。

無理に板取引をしない、レバレッジも現実的な水準にとどめるなど、現実的な判断をしての営業をおこなっています。破綻などのリスクは低そうです。

DMMグループはマイニング事業への参入を表明するなど、仮想通貨業界への興味を深めているようです。DMMFXなどからフィードバックを得られることも考えると、今後さらに期待できる取引所になっていきそうです。アルトコインのレバレッジ取引に興味の無い人でも、今のうちに口座を持っておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です