初めて買うならどの仮想通貨がオススメ?

2017年は仮想通貨にとって激動の年だったということになりますが、2018年1月現在、今から仮想通貨を購入する場合は、どの仮想通貨に手を出せば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

仮想通貨の代表格としてはビットコインとなっていますが、2017年の下半期にはイーサリアムやリップル、ライトコインに関しても高騰したということもあり、何を購入すれば良いのか分からなくなってしまったという人も非常に多いと思われます。

そこでこちらでは、どうやって仮想通貨を選べば良いのかということについて、一つの指針を示していきます。

安定を求めるのなら、ビットコイン一択

2018年1月現在、世界で流通している仮想通貨の種類に関しては1,000種類を超えているとされています。

しかし、仮想通貨を取り扱っている取引所や、仮想通貨を決済手段の一つとして取り入れている企業のほぼ全てがビットコインを使うことが可能になっています。

その理由に関しては、ビットコインが最も早く誕生した仮想通貨であるということも理由の一つになっていますが、多くの人がビットコインを現実の通貨と同様の価値があるというように認めているということが重要です。

そのため、誕生しては消えていく仮想通貨の世界ですが、ビットコインに関しては今後も安定して使われ続けていくだろうという予測を立てることが可能です。

ただし、ビットコインは発行枚数の上限に近くなっていて、ほとんどの国で取引が開始されているということもありますので、今後は2017年のように大きな発展は望めないということも挙げられます。

これらのことから安定性を求めて仮想通貨を利用するのならビットコインが最もおすすめすることの出来る仮想通貨ということになりますが、投資商品として魅力があるのかということになると少し不安になるというのが現状です。

ビットコインが急激に高騰するためには新たな市場の開拓が必要となりますが、市場の開拓には時間が掛かってしまうために、短期的な利益を求める場合はオススメできませんが、長期的な利益を求めている方にはオススメです。

新たなプラットフォームに興味があるのならイーサリアム

2017年にも急成長したアルトコインと言えばイーサリアムが代表的です。

イーサリアムの特徴としては、通貨としての面だけではなく新たなプラットフォームを構築するための技術として用いられることも多くなっていますので、伸び代という点で見るのならビットコインよりも優れているということが挙げられます。

ただし、イーサリアムに関しても投資商品として見た場合は2017年に急激な高騰をした後となっていますので、しばらくはこのままの状態で推移すると思われます。

しかしイーサリアムの場合はビットコインと違って、新たにコンテンツが誕生する可能性が非常に高く、ビットコインと比較するとまだまだ市場が開けていないということが挙げられますので、短期的な利益を求める方にもおすすめすることが出来ます。

また、投資商品として購入するだけではなく、海外にはイーサリアムで支払いをしないといけないコンテンツもありますので、そのようなコンテンツに興味がある人にはイーサリアムがオススメです。

新規の仮想通貨はハイリスク・ハイリターン

短期的な利益を求めている方にはオススメすることが出来るかもしれませんが、新規に誕生した仮想通貨というのはハイリスク・ハイリターンとなっています。

中には誕生してから1ヶ月も経たないうちに消滅してしまった仮想通貨というものも存在していて、このような仮想通貨は詐欺コインとも呼ばれています。

つまり、新規に誕生させて投資を募っておきながら即座に消滅させて資金を返還しないというようなものになっています。

このように新規に誕生した仮想通貨の中にはハイリスクなものも多くなっていますので、ハイリターンを求めるとハイリスクな状況になるということについては知っておいてください。

まとめ

2018年の1月以降に仮想通貨を購入する場合にオススメな仮想通貨としてビットコインとイーサリアムの2点を紹介しましたが、もちろんこの2つの仮想通貨以外にもオススメすることが出来るものはあります。

しかし、それらの仮想通貨というのは購入する人の目的によって異なるということが挙げられますので、仮想通貨を購入する場合には「値上がりする仮想通貨」ではなく「現在の自分に必要な仮想通貨」を購入することが大切です。

仮想通貨というのは、通貨の種類によって性質やセキュリティーなどが大きく異なります。

そして主に流通している国なども異なることになりますので、その点も考慮してから購入する仮想通貨を選択したほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です