仮想通貨の種類

2018年1月現在、全世界に流通している仮想通貨の種類は1,000種類以上だとされています。

2017年の1月の時点では700種類程度だったということを考えると、1年間で300種類もの仮想通貨が誕生したということになりますが、これは正しい情報ではありません。

実際には300種類以上の仮想通貨が誕生していて、同時に流通しなくなった仮想通貨も存在していますので、今までに誕生した仮想通貨の中で、現在も流通している仮想通貨が1,000種類以上だということが正しいです。

誕生して消えていった仮想通貨の中には仮想通貨を誕生させることによって集金をして消えるという詐欺のような仮想通貨も含まれていますので、新しい仮想通貨を手に入れるというのは利益を上げやすくするとともに損失を被ってしまう可能性も高いということを知っておいてください。

こちらでは、仮想通貨の種類に関する特徴について詳しく紹介していきます。

世界中で流通している仮想通貨

仮想通貨は全世界で流通しているということが特徴的ですが、その中でも最も多く流通しているのは、初めの仮想通貨とされているビットコインです。

2017年12月の時点でのデータでは、2位にイーサリアム、3位にリップルとなっていて、これらの仮想通貨は日本でも購入されている人は非常に多くなっていますが、実店舗で利用することが出来るということに関してはビットコインが優れているポイントです。

海外では1,000種類以上もの仮想通貨が流通しているとされていますが、仮想通貨というのは基本的に価値を認めている人同士でしか取引をされないことになっています。

そのため、流通金額が多いということは、それだけ多くの人が価値を認めている仮想通貨だということになるために、価値が高いということにも繋がります。

現に現在流通している仮想通貨の中で最も価値が高いとされているビットコインでも誕生した当初は1ビットコインあたり0.07円程度でした。

その頃に100ビットコインを購入していれば、2017年の12月の時点では2億円を超えていたというような計算になりますので、仮想通貨が投資商品として世界中で人気になっているということに繋がります。

日本で取引が行われている仮想通貨

海外では1,000種類を超える仮想通貨が流通していますが、日本国内で流通している仮想通貨というのは十数種類となっていて、その種類はとても少ないです。

これは日本が海外に比べると仮想通貨が流通するタイミングが遅れていたために、海外でも流通金額が高いものが取引されているということになります。

しかし、上記でも紹介したように日本国内で仮想通貨を使うことが出来るサービスや店舗などについては海外に比べると非常に少なくなっていて、2018年の1月現在でも300件程度となっていることが特徴的です。

さらに、都心部に集中しているために地方に住んでいる方の場合は仮想通貨を手に入れた場合でもインターネットのコンテンツにしか利用することが出来ないということが挙げられます。

これらのことから、仮想通貨を利用したいという方の場合は、都心部で生活をしている人のほうが手軽に利用することが出来るということになります。

しかし、仮想通貨が持っている主な目的の一つに、海外への送金手数料が安くなるということがありますので、海外の製品を購入したり、海外のコンテンツを利用したりするというような場合には、地方も都心も関係ありませんので、日本国内でも安心して利用することが出来ます。

お金と同様に利用することが出来る仮想通貨

仮想通貨は現実世界のお金と同じように利用することが出来るアイテムとなっていますが、お金と同じように使うことが出来るのは、上記でも紹介したように仮想通貨の価値を認めている人同士となっています。

そのため、例えばビットコインの価値は認めているけど、ライトコインに関しては認めていないというような人の場合は取引が成立しないということになりますので、注意しなければいけません。

また、日本国内でも仮想通貨に対して税金を徴収するということになりましたので、仮想通貨を利用する場合には、仮想通貨の時価総額に換算して税金を納めなければならないということになりますので、その点に関しても注意するようにしてください。

まとめ

世界中には様々な種類の仮想通貨があり、仮想通貨によって価値は大きく異なります。

1年間で数十倍~数百倍の価値になったという仮想通貨もあれば、わずか1ヶ月間で消滅してしまったというような仮想通貨もありますので、仮想通貨を投資目的で利用する人の場合は、その辺りを見極めて利用しなければいけません。

そして、仮想通貨を現実世界のお金と同じように利用したいというように考えている人の場合は、現存するコンテンツの支払い方法を考えた上で仮想通貨を購入すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です