ウォレットって何? ~仮想通貨でよく聞くやつ~

 

ウォレットとは、仮想通貨を保管する場所のことです。

仮想通貨をどこに置いておくかというのは、安全性の面で重要な問題になります。取引所もウォレットと考えることができますが、ここに仮想通貨を預けておくのは考えものです。

つい最近もコインチェックがハッキング被害にあい、600億円に迫る仮想通貨を盗まれるという事件がありました。この事件で仮想通貨の管理を見直す方もいるでしょう。

ウォレットについて解説し、安全性の高いおすすめのウォレットを紹介します。

ウォレットをわかりやすく解説してみた

仮想通貨を買った後、取引所をそのままウォレットとして使うこともできます。売りたいときにすぐに取引できるので、便利です。

しかし、取引所をウォレットとして使うのはおすすめできません。取引所は、仮想通貨を預ける場所としてはリスキーです。取引所は仮想通貨が集まるところです。取引所は犯罪者に常に標的されているのです。

安全性が高いと思われていた日本の取引所も、盗難被害にあっています。あの取引所は大丈夫、私の使っている取引所は大丈夫、そういう発想は捨てなければいけません。

ウォレットは自分専用のものが用意できます。仮想通貨を自分のウォレットに入れ、自分で管理しましょう。それが資産をまもることにつながります。

秘密鍵をまもる

秘密鍵は、仮想通貨を動かすために必要になるものです。秘密鍵が無ければ仮想通貨を動かすことはできません。秘密鍵さえあれば、その仮想通貨を所有しているかに関係なく、誰でも仮想通貨を動かせるようになります。

そのため、ハッカーが奪いにくるのも秘密鍵です。これさえあれば、誰かのウォレットから自分のウォレットへ、仮想通貨を送金できるのです。

この特性から、秘密鍵は仮想通貨を動かす必要のある人が管理しています。取引所に仮想通貨を預けている場合、秘密鍵も取引所が預かっています。

仮想通貨の安全を考える場合重要なのは、誰が秘密鍵を管理しどこに保管しておくのか、という点になります。秘密鍵を他人に預けていると、盗難だけでなく、不正の心配も出てきます。

ホットウォレットとコールドウォレット

ウォレットについて考える時、まず知っておきたいのがホットウォレットとコールドウォレットの違いです。

ホットウォレット ⇒ インターネット上のウォレット
コールドウォレット ⇒ インターネットから隔離し、物理的に保管するウォレット

インターネットから隔離するという点からわかるように、安全性を考えるとコールドウォレットを選択すべきです。

ただし、インターネットから切り離す分、利便性は損なわれます。仮想通貨を売るために取引所に送りたい、という場合、ホットウォレットならすぐに送金できますが、コールドウォレットならまずインターネットに接続することから始めなければいけません。

ウォレットの種類

ウォレットの種類は以下の4つです。

・ウェブウォレット
・ソフトウェアウォレット
・ハードウェアウォレット
・ペーパーウォレット

ウェブウォレット(ホットウォレット)

ウェブウォレットはインターネット上につくるウォレットです。インターネット上作成するため、すぐにつくることができ、高い利便性を誇ります。取引所もウェブウォレットの一つです。

メリット

 

・インターネット上にあるため、どこからでもどの端末でもアクセスできる
・作るのが簡単

デメリット

 

・セキュリティ対策は運営者まかせ
・ハッキング被害にあう可能性あり
・秘密鍵を他者に預けることになる

ウェブウォレットは便利ですが、安全性を考えると取引所と大差ありません。安全性を理由にウェブウォレットを利用というのは、間違いです。

ソフトウェアウォレット(ホットウォレット)

ソフトウェアウォレットは、自分のPC,スマホにソフトウェアをダウンロードして使用します。

メリット

 

・秘密鍵を自分で管理できる
・インターネットから切り離しての管理もできる
・ウォレット内の確認をインターネットなしで可能

デメリット

 

・PC,スマホの故障リスク
・ウィルス感染のリスク
・ソフトウェアをインストールしたPC,スマホでしか使えない

PC,スマホをインターネットに接続せずに利用するのは難しいでしょう。そのため、ハッキング被害にあう可能性、ウィルス感染による秘密鍵の流出リスクは消せません。

ハードウェアウォレット(コールドウォレット)

ハードウェアウォレットは秘密鍵をハードウェアに移し、インターネットから物理的に隔離して保管することができます。

メリット

 

・インターネットから完全に隔離
・秘密鍵を自分で管理

デメリット

 

・購入に費用がかかる
・ハードウェアが対応していないコインがある
・物なので、故障、盗難に注意が必要

費用はかかりますが、ハードウェアウォレットは高い安全性を誇ります。秘密鍵を自分で、インターネットから隔離して保管できるので安心できます。

ペーパーウォレット(コールドウォレット)

ペーパーウォレットは秘密鍵を紙に印刷し、保管します。

メリット

 

・インターネットから隔離
・秘密鍵を自分で管理

デメリット

 

・紙での管理になるので、保管に注意が必要
・印刷環境がないと利用できない

ペーパーウォレットはコールドウォレットであり、一番安全な保管方法といわれることが多いです。しかし、紙での保管になるため、扱いには特に注意が必要です。盗難、紛失、破損に加え、文字が読み取れなくなることにも気を使わなければなりません。

結論、おすすめのウォレット

ウォレットの種類を見てきましたが、安全性、管理、利便性のバランスから、一番のおすすめはハードウェアウォレットになります。

ハードウェアウォレットは物ですが、故障、紛失してもリカバリーフレーズさえ控えておけば、別のハードウェアウォレットで復元可能です。盗難されてもPINコード(起動時に必要になるパスワード)が盗まれなければ、仮想通貨を奪われることもありません。

安全性ならペーパーウォレットもいいのですが、こちらは紙での保管、というのがひっかかります。

ハードウェアウォレットを実際に選ぶとき、いくつか注意点があります。

・購入は正規のルートを使う。オークションサイトは絶対に利用しない
・購入するハードウェアウォレットが使いたい仮想通貨に対応しているか確認する
・得体のしれないもの、すこしでもあやしいものには手を出さない

ハードウェアウォレットを買う場合、購入先の信頼性はしっかりチェックしましょう。購入前にPINコードやリカバリーフレーズを勝手に設定されている場合があります。この状態で仮想通貨をハードウェアウォレットに入れると、盗難にあってしまいます。

ハードウェアウォレットはどの仮想通貨でも使える、というわけではありません。購入するハードウェアウォレットが自分の仮想通貨に対応しているか確認しましょう。

ハードウェアウォレットは安全性の高いものですが、そこを逆手にとってハードウェアウォレットそのものを使った詐欺もあります。マイナーなものは避けたほうが無難です。信用を第一に選択する必要があります。

おすすめのハードウェアウォレット

・TREZOR(トレザー)
・Ledger Nano S(レジャー)

TREZOR(トレザー)

対応通貨 ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、ライトコイン、ジーキャッシュ、ダッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアムトークン、オーガー、ネム、モナコイン等

Ledger Nano S(レジャー)

レジャーではビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ジーキャッシュ、ダッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ネオ、ステラー等に加え、リップルが使えます。リップルがある、というのが大きな違いです。

この2つがメジャーでおすすめなのですが、使い勝手はトレザーの方がよく、評判をみてもトレザーのほうがよいです。トレザーで使える仮想通貨を入れるなら、トレザー。リップルを入れたいなら、レジャーと使い分けた方がいいでしょう。

ハードウェアウォレットはアップデートがあり、対応の仮想通貨は増えていきます。

まとめ

・ウォレットはコインを預ける場所
・自分のコインを護りたいときに重要になるのがウォレット
・ウォレットの中でも安全性が高いのがペーパーウォレットとハードウェアウォレット
・バランスを考えたうえで一番おすすめなのがハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは秘密鍵を保管する重要なものなのです。購入先、選ぶ種類に充分な注意が必要です。正規の所からトレザー、レジャーを買うようにしましょう。これが一番安全な仮想通貨の保管方法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です