仮想通貨のICOとは?一体どういう意味なの?わかりやすく解説してみた

仮想通貨のICOってなに?

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは、仮想通貨を使った新しい資金調達方法のことを言います。

ICOでは、個人や小さな企業でも大きな資金を集め、起業や研究ができるようになることが期待されています。また、投資家は少額から世界中のICOに参加することができるようになります。

良いことばかりに思えますが、リスクもあるのがICOです。ICOについて解説していきます。

ICOをわかりやすく解説

ICOでは、仮想通貨で出資を集め、その見返りにトークンを配布することで、資金を調達します。トークンも仮想通貨の1種です。ICOでは価値のある仮想通貨を集め、新しく発行する仮想通貨(トークン)を配布することになります。

ICOを行った企業の事業が成功すれば、トークンの価値も上昇します。将来的に、投資した仮想通貨の価値よりも、手にしたトークンの価値が上回ることを期待し、出資者は投資を行います。

トークンには何の使用用途もない場合もありますが、事業のサービスを優先的に受けられる、などの付加価値がつけられる場合もあります。この特典を目的に、投資が行われる場合もあります。

IPO(新規株式公開)と似ていると思われた方もいるでしょう。しかし、IPOより良い面もあれば、悪い面もあります。

良い面
・信用の低い個人や小さな会社でも実行可能
・受け取った仮想通貨に(まだ価値のない)トークンを配布するだけでいい
・初期資金が小さくて済む
・ICOの実行は素早く行える
・幅広い募集が可能
・直接出資者を募ることができる

悪い点
・出資者には議決権がない、そのため事業に口出しできない
・ICOにあたっての審査がない
・法整備がない

良い点、悪い点を見比べてみると、ICOを行う側は大きなメリットがあることがわかります。

ICOに投資するメリット

気になるのは、投資家としてメリットがあるかどうかです。

・少額から投資可能
・世界中のICOに投資できる
・起業時から投資できるため、大きなキャピタルゲインに期待できる

一般の人がIPOに投資するのは難しくなっています。しかし、ICOなら誰でも簡単に投資をすることができます。また、インターネットをつかっての参加になるため、世界中のICOに参加できるようになります。機会の増加という点で、ICOは非常に魅力的です。

ICOに投資する目的は、ほとんどがキャピタルゲイン目的になるでしょう。企業の価値は生まれた段階が一番低いことが多く、ここから保有できれば、のちの値上がりへの期待が非常に大きくなります。100倍、200倍という上昇にも現実的な期待がもてます。

ICOに投資するデメリット

魅力的な面もあるICOですが、大きなデメリットもあります。

・ICOは90%が詐欺
・成功するICOは10%以下
・法整備が無い

まとめると、非常にハイリスク、これにつきます。ICOは行う側にとって非常に都合の良いものです。誰でも簡単にできるのがICOの魅力ですが、それが悪い方へ現れ、詐欺が横行する事態になっています。

公的に何の審査も行われないICOを、投資家は自分だけで成功するかどうか判断する必要があるのです。ICOの事業目的は、魅力的なものがたくさんあります。「世界を変える、世の中をよりよくする」と耳に心地良いものばかりです。しかし、それが本心なのか、実現可能なのかはわかりません。

ホワイトペーパーを読み込む、主催者を徹底的に調べるなど、できることはあります。しかし、それをすべてやったとしても、詐欺をみわけられるかはわかりません。

ホワイトペーパーが盗作かもしれませんし、主催者もなりすましの可能性があります。本物を見抜くのは難しいのです。

また、詐欺でなくても、ICOは失敗に終わりやすい構造を持っています。トークンは株式ではありません。そのため、トークンを所有していても経営に参加はできません。

ICOでは、出資を返還する義務もありません。そうなると、事業主に危機感はうすくなります。成功しなければならない、という圧力はないのです。もともと失敗しやすい側面がある、というのも忘れてはいけません。

ICOに参加するには?

ICOに参加する方法はいくつかあります。インターネットで探せば、ICOの情報をまとめたサイトが見つかります。その中から選び、参加を検討するのも1つの手でしょう。しかし、上記に書いたように、成功するものを見抜くのは難しいです。ホワイトペーパーなどの情報が外国語というのも、厳しいところです。

日本の取引所が行うICOに参加する、というのも1つの手です。zaifでは、すでにICOで配布されたCOMUSA(コムサ)トークンの取引が行われています。

このトークンの特典に、zaifで行うICOに5%ボーナスつきで参加できる、というものがあります。今後zaifでICOが行われるのであれば、そこからICOへ参加する方が良いかもしれません。

zaifの取り扱いであれば、事前の審査がおこなわれることになりますし、ホワイトペーパーなども日本語でチェックできるでしょう。情報収集の難易度は格段に下がります。

とはいっても、ICOがハイリスクなことに変わりはありません。参加するなら、投資した金額は戻らない、それぐらいのつもりでいたほうが賢明でしょう。

まとめ

ICOは行う側にとって非常に魅力的なものです。起業のチャンスが大きく広がるものでもありますが、それが詐欺に利用されているのが現状です。

その中から成功するものをみつけることができれば、大きなリターンを得ることができるでしょう。

ICOは非常にハイリスクなものです。投資したお金は捨てるつもりで参加し、大きなリターンを狙う、というのが投資家にとってのICOになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です