仮想通貨の投資でリスクを減らすには?→分散投資が賢いやり方

仮想通貨に投資をするなら、なるべく資産を減らさないような投資スタイルがおススメです。

そのスタイルがいわゆる「分散投資」と呼ばれる投資方法です。複数の通貨を購入する事で、よりリスクを減らし、精神的にも余裕をもって取り組めるようになるので、初心者の方ほど分散投資を活用しましょう。

分散することの重要さ、投資におススメのコインの将来性を解説していきます。

分散して購入する

コインを選ぶ前に考えておきたいのが、分散しておくことの重要性です。

分散投資のメリット

・リスク回避
・値上がりしそうなコインをフォローする

普通、分散投資というとリスク回避面で考えると思います。この点、分散投資は確かに有効です。しかし、仮想通貨の場合、ビットコインが下げると他もつられて下げる場合がほとんどです。

この傾向があることから、リスク回避での分散に過剰な期待はできません。一つの市場の中で行う分散投資には限界がある、これは覚えておかなければいけません。

しかし、特定の通貨の暴落に備える、という点については非常に有効です。世の中、何が起こるかわかりません。あるコインが、何かの事故で暴落する、開発が行き詰まる、などの可能性は常にあります。一つの籠に卵を盛るべきではありません。

分散のもう一つの目的は、利益を得る機会の増加です。いくつか買ったコインのうち、いずれかが大きく上がるのに期待する、こういう前提で保有を考えていきます。

仮想通貨へ投資する場合、市場全体の伸びに期待して、という点が大きくなります。それなら、どのコインも上がる可能性はあります。あえて一つにしぼるという必然性は低いでしょう。

分散投資の注意点

・資金は過剰に投入しない
・同一目的のコインに偏らない

注意したいのは、分散にしろ、一点買いにしろ、投じる資金は同じという点です。分散で安全だからと資金を過剰に投入するのは大間違いです。投資は余剰資金で、これは絶対です。

もう一つ注意したいのが、通貨の用途をかぶらせない、というものです。一例をあげると、モネロ、ダッシュ、ジーキャッシュの3つに分散する、という場合です。この3つは、いずれも匿名性仮想通貨と呼ばれるものです。匿名性通貨という分野に規制が入ると3つとも暴落、という可能性がでてきてしまいます。これでは分散の意味がありません。

ただ、逆の考え方もできます。決済用通貨は今後需要が伸びる、という予測を持っていたとします。この場合に、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン全てを持つのは間違いではないでしょう。

ただし、やはり基本は分散です。

ビットコイン

仮想通貨の購入を考える場合、まず考えるのがビットコインを買うかどうかです。現状ではビットコインを避ける人の方が多いかもしれません。ビットコインは価格が高すぎ手が出ない、もう上がらない、そう思ってしまいがちです。

しかし、ビットコインには以下のメリットがあります。

・基軸通貨である
・他の通貨と法定通貨を介さず取引できる
・長期間の実績

ビットコインが仮想通貨の基軸である点は、今も変わりません。なにか有事があり、法定通貨の信頼が揺らぐことがあれば、真っ先に資金の流入先になりそうなのが、ビットコインです。

ビットコインが下がれば、仮想通貨市場も下がります。逆に、仮想通貨市場が盛り上がる状況であれば、ビットコインも上がるでしょう。こう考えると、保有するメリットは大きくなります。

ビットコインは他の仮想通貨と直接交換が可能です。これだけも持っておく価値はあるでしょう。長期間のブロックチェーンの運用実績も見逃せません。

しかし、短期的にみるとネガティブな点もあります。スケーラビリティ問題の解決にはまだ時間がかかりそうです。手数料の高騰、送金遅延が足を引っ張る展開も考えられます。

ビットコインを軸として保有するかはメリット、デメリットを考えつつ決める必要があります。

イーサリアム

保有の軸として考えたいもう一つの通貨が、イーサリアムです。イーサリアムも大きな時価総額を持ち、ビットコインから資金が逃げる時、その逃避先として注目されます。

・ビットコインに次ぐ時価総額2位
・スマートコントラクトの実用化、ICOの増加

イーサリアムは一時リップルに抜かされたものの、安定して時価総額2位の地位を保っています。ビットコインが売られるときに注目を浴びるのがイーサリアムです。

イーサリアムのスマートコントラクトにかかる期待は大きなものがあります。今後、実用化されるものが増えていけば、その分イーサリアムの価値も伸びていきます。イーサリアムプラットフォーム上でのICOも今後増えていくでしょう。

マイナーコイン

軸になるコインを見てみましたが、2つとも時価総額が大きく安定性は高そうですが、今後大きく伸びるかは疑問です。そこで、他のアルトコインを見ていくことになります。選ぶ際の基準を考えてみます。

・日本の取引所で扱いのあるもの
・ある程度の情報を得られる
・コインのプロジェクトに価値がある

個人的に日本の取引所が扱うものの中からいくつか選択して保有、というのが良いと思っています。日本の取引所は許可制で、営業するには金融庁の許可が必要になります。

この許可を認める段階で、取り扱う仮想通貨についても調査がおこなわれ、問題ないと判断された場合に許可が出ます。自分で調査しなくても、金融庁と取引所が予備審査をしてくれていると思えば、コインを選ぶのは楽になります。

コインチェックは金融庁の認可をまだ受けていません。しかし、取り扱っているコインは値を上げているものが多く、その眼力は信頼が持てます。

情報を得られる、というのも大切です。その仮想通貨の現状がわからなければ、利食い、撤退の判断のしようもありません。あまりに情報がないコインを買う、というのは投資とはいえないでしょう。

そのコインに価値があるか、というのも非常に重要です。そのコインの目的はなでしょうか? プロジェクトは有望でしょうか? 先のないものに投資しても意味はありません。将来的に価値のあるものに投資すべきです。

具体的にいくつか見てみます。

リップル

リップルはすでに大きな時価総額を持っています。リップルは目的が国際送金の改革と明確で、プロジェクトも進んでいます。今後の伸びに関してですが、リップルは保有がアジアに偏っています。今後、資金力のある欧米でも買われる余地がある分、伸びしろが十分ありそうです。

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは注目度が高まってきています。スケーラビリティ問題でビットコインが使いづらくなる中、その代用として急速に地歩を固めつつあります。海外の取引所で、基軸にビットコインキャッシュを採用するところが増えているのがその証拠です。

ライトコイン

ライトコインはビットコインと同様の決済用通貨です。ライトコインは元からビットコインをサポートするのを目的に作られているため、同じ決済通貨でもビットコインと競合しない、というメリットがあります。

さらなるマイナーコイン

今後の伸びというのを考えると、さらなるマイナーな通貨も見ておきたいところです。しかし、安易に草コインを選ぶわけにはいきません。上記の3つの条件に照らし、選ぶとよいでしょう。

いくつか候補を上げると、

オーガー

オーガーはイーサリアムのスマートコントラクトを使い、予測市場での使用が見込まれています。その用途にギャンブル、保険といった資金の集まりやすいものがあることから、今後の伸びが期待されています。

ダッシュ

ダッシュは送金が迅速で、高い匿名性を持つ決済用の通貨です。現実の使用に十分対応できる仮想通貨として期待されています。ジンバブエで初の公用デジタル通貨になるのでは? という話も出ていて、注目度が上がってきています。

モナコイン

モナコインは日本産の仮想通貨です。この点の意義は大きいです。日本が仮想通貨市場に占める割合は大きなものがあります。そして、国産品は買われる傾向にあります。情報の集めやすさもあり、今後海外取引所での扱い増加などが考えられることから、期待が持てます。

ここまでいくつか候補を上げてきましたが、他にも有望そうなコインはあります。何を選び、どう組み合わせるかは自分次第です。

自分で決められないなら
どうしても判断がつかない場合、取引所で扱っているコインを全て買ってしまう、という手もあります。たとえば、コインチェックで扱っている全てのコインを買ってしまうのです。または、zaifでトークン含めてすべて買う、というのも手です。

乱暴に思えますが、案外悪くない手かもしれません。前述しましたが、日本の取引所で扱っているコインは審査されたものです。判断をそこに預ける、というのもありでしょう。

zaifなら積み立て投資をつかえば購入タイミングの分散も可能です。考慮の余地は十分あるでしょう。

まとめ

仮想通貨市場は今後の伸びに期待できます。それを前提に考え、分散して購入するのがお勧めです。何を選ぶかは自分しだいですが、安定して軸になりそうなもの、値上がりに期待できるマイナーコインを組み合わせての保有がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です